2019年7月2日火曜日

AMD AGESA 1.0.0.1でXMPがデフォルト設定にされてしまう問題

2019/07/02現在のAM4マザーで、Ryzen第3世代向けの最新のBIOSに含まれるAGESA 1.0.0.1が原因とされるXMPプロファイルがデフォルト指定されてXMPではOCされないという問題が起きているらしい。
私が手元で確認したのはMSI B350M Gaming(7A39v2N1(Beta version))とASRock B450M PRO4(Ver3.30)の2つのマザーにRyzen 7 1700と2つのメモリを組み合わせた条件で、海外の掲示板にもGIGABYTEの一部のマザー(現在の最新のBIOSバージョンでは修正済み)で発生しているとのこと。
もし、同様のXMPが動作しない問題が発生している場合はBIOSアップデート配信を待つか、手動でOCすることでOCが反映される。

※手動でOCする場合は保証対象外にならないように条件を確認した上でXMPのプロファイル通りに設定すること。もちろん自己責任で。

2019年5月25日土曜日

The crew2 PC版 軸がずれてしまう場合の対処法

the crew2をゲームパッド(Xbox 360/Xbox one)でプレイしていて、他のゲームでは軸のズレもなくOS上でも正常なのにthe crew2では常にハンドルや航空機のラダーが左に切られていました。
検索してもそのような不具合も情報もないので、バインドファイルを見ていると原因が判明したので書いておきます。

ドキュメント the crew2 フォルダ内の Bindings_6cb1beb1.xmlの中にゲームパッドのコンフィグが保存されています。(xmlの名前は環境次第で異なると思います)
ステアリングを左スティックの左右に振ったなら以下の部分がそれに該当します。

</ActionBinding>
<ActionBinding Name="DrivingBindings" State="ON">
<Action Name="RoadThrottle" IsAnalog="1">
<Channel Device="PAD" Name="SLIDER2" />
</Action>
<Action Name="RoadBrake" IsAnalog="1">
<Channel Device="PAD" Name="SLIDER1" />
</Action>
<Action Name="RoadSteerLeft" IsAnalog="1">
<Channel Device="PAD" Name="LEFT" />

上記のものは正しい物になりますが、私の環境の場合は以下のようになっていました。

</ActionBinding>
<ActionBinding Name="DrivingBindings" State="ON">
<Action Name="RoadThrottle" IsAnalog="1">
<Channel Device="PAD" Name="SLIDER2" />
</Action>
<Action Name="RoadBrake" IsAnalog="1">
<Channel Device="PAD" Name="SLIDER1" />
</Action>
<Action Name="RoadSteerLeft" IsAnalog="1">
<Channel Type="COMBINED_INVERTED"  Device="PAD" Name="LEFT" />

原因は赤文字の[ Type="COMBINED_INVERTED" ]で、軸が歪んでいた項目は全てこれが付け加えられており、これを削除すると左右均等になりました。
コンフィグから直接バインドすることもないですし、ゲーム内で設定したのですが、こうなってしまう原因は不明で、何度も初期化しても設定後には同じことになっていました。
不思議なのは左右に割り振っている項目の左右どちらかにそれが付いてしまうという点で、左右の設定が異なるので歪んでしまったのでしょうね。

関係ない話ですが、このキーバインドから割当内容を"0"にすればその項目を「空」にできます。
ゲーム内ではバインドの削除はできないし、かぶれば勝手に変更されるので無割当にできるのは便利です。

2019年1月21日月曜日

AMD FreeSyncでブラックアウトする

AMD FreeSyncを有効にするとブラックアウトしていたのですが、これの原因がケーブルでした。
FreeSyncはDisplayPort1.2a以降が必要ですが、FreeSync対応モニターの付属のケーブルが1.2a以下のバージョンで使えないというのが原因でした。

具体的にはLG 24MP59G-Pとiiyama G2530HSU-B1がブラックアウトしていたのですが、製造ロット次第で変更が入っているかもしれません。
FreeSyncを利用時にブラックアウトするって人はDisplayPort1.2a以降(2019年現在は1.4が1000円で買える)を使うと解決するかもしれないです。
解決しなくても文句は言わないでね。

ちなみに、iiya○aにFreeSync利用時にブラックアウトする問題を問い合わせたのですが、製品には問題ないと回答が帰ってきてました。
ケーブルは製品に含まないという意味なのかは不明です。